2006年01月24日

京都11R 石清水S回顧 −ブルートルネード新境地開拓か!!−

石清水S回顧

レースはスローで流れ、楽にハナをきれたブルートルネードの楽勝。

2着スパルタクス,3着ニホンピロキースも前につけていて、後ろからでは全くの用無しの展開だった。

予想も全くの見当違い。

ブログランキング ブログ村 ← 他のレース回顧はコチラ

上位人気の馬が全て後方にいて牽制しあって、ペースが落ちたわけでもなく、単にどの馬もせりかけないしょうもない展開

勝ったブルートルネードは初距離での完勝。

マイル特有のペースでの勝ちではないので、今後もマイル路線でどうかと言われれば疑問は残る。

しかし、トップハンデながら上がり11.3-11.3-11.7でまとめたのは優秀。

今までも上で好走してきたが、オープンクラスにいっても、先行し上手く溜めれる展開になれば十分頭まで考えられる。

今回の勝ちでマイル路線に進んで、ペースが上がる展開なら1度目は消してみても良いと思うが。

ブログランキングdeくつろぐ ← 条件戦にこそ競馬の全てがある!!

2着にきたスパルタクスは8歳ながら力のあるところを見せた。

昔のような安定感はなかなか望めないだろうが、まだまだ健在というところは示した。

3着ニホンピロキース,4着インマイアイズともにこのクラスはいつでも卒業できるレベルにはある。

ニホンピロキースにとってはミドルハイペース気味の方が適性あると思う。

インマイアイズはペース問わず安定感あると思うが、逆に決め手に欠けるレースっぷりも目に付き、2,3着付けもおもしろい

中位人気していた新4歳世代もこのクラスで十分うるさい存在になりそうで、それぞれ見極めていきたい。
にほんブログ村 ポータルブログへ ブログランキング 週間ブログランキングくつろぐ
記事が参考になれば、クリックお願いします。
posted by 案山子 at 23:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | 競馬
この記事へのコメント
ここよく的中してますね  

ここのG1無料予想的中してますね
今年に入ってもかなり当ててるし凄いと思いました

http://blog.livedoor.jp/superkeiba/
Posted by ミスターセキグチ at 2006年01月26日 00:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。