2006年04月12日

阪神牝馬S回顧 −圧勝!!ラインクラフト−

阪神牝馬S回顧

実質勝ち負けできる馬は限られていた。

1400という距離からしてラインクラフトが有利とはわかっていたが、あまりの楽勝ぶりに笑ってしまった。

ブログランキング ブログ村← 皐月賞のマル秘馬はコチラ

去年秋は2000まで頑張ったが、最後のへばり方から見て距離が長いのは明白。

前走の高松宮記念では、届かなかったが、牡馬混合でも勝ち負けできる力は証明していた。

相手は1年ぶりの距離でベスト距離でもないエアメサイアと若干距離長いかシーイズトウショウくらい。

ペースは予想以上のハイラップ。少し離れた3番手だが気分良く進めていた。

4角では、持ったままで前に並び、エアメサイアが来る中追い出すと更に伸びて逆に突き放す内容。

次走新設のヴィクトリアマイル最有力は間違いない。どんなペースでも好走は必至。

くつろぐブログ ← 桜花賞は当てれた!!

エアメサイアラインクラフトには適性の差で負けたが、牝馬トップクラスの力は3着の差からも明白。

だが、この距離はやはり短い。マイルになったとしてもまだ短そうだ。

牡馬混合の中距離では、さすがに劣るし、レース番組選びに苦労しそう。

秋のエリザベス女王杯を逆算して取り組んだ方が良い。

次走は自力で、馬圏内に入るかもしれないが、勝ちに行きすぎると着外もありえる。

3着スナークスズランはいかにもハイペースで穴開けそうなダンシングブレーヴの仔。

今回は強すぎる相手のいる中の漁夫の利の印象強い。

牝馬GIIIでは、逆につらそうだ。

ブログランキング← NZTのマイネルスケルツィはコチラ

4着アズマサンダースは4角ではエアメサイアと共に手応え良く上がっていったが、追って意外と伸びず。

叩いていけば、伸びてエアメサイアに肉薄できたかも。

この馬もマイルがベストだけにヴィクトリアマイルに出て来たら少し注目してみたい。

3番人気前走高松宮記念3着のシーイズトウショウデアリングハートとやり合って自滅。

近層1200しか走ってないとはいえ、桜花賞2着馬。走れない距離ではない。

ヴィクトリアマイルいくのかわからないが、余程展開に恵まれない限り粘りきるのは難しそうだ。
ブログランキングdeくつろぐ← エアメサイアの次走は危ない??
にほんブログ村 ポータルブログへ ブログランキング 週間ブログランキングくつろぐ
記事が参考になれば、クリックお願いします。
posted by 案山子 at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。