2006年05月01日

天皇賞春回顧 楽勝のディープインパクト!世界へ!!脚は大丈夫?

天皇賞春回顧

圧倒的人気、多少の出遅れをモノともせず、4角先頭の競馬で楽勝。
レコードも更新
脚の方は大丈夫なのか?

2着にはリンカーン、3着にはストラタジェムが入った。
ディープインパクトは案の定出遅れたが、それが逆にかからず道中
進めれた要因になったように思える。

3角の坂頂上から進出して4角先頭の競馬。
これは有馬で前を行くハーツクライを捉えれなかった教訓から取り
こぼさないよう武騎手がひらめいた作戦だろう
(有馬では早目進出したとしても逆に止まってより着順下げてたか
もしれない。ハーツクライに勝てた作戦ではない)

あれを普通捲りというのだろうが、昨日のはまた趣が違った。
ペース的に言えばあそこで前が極端下げて溜めにはいったこと、そし
てディープが手綱をしごかず楽に外から進出したこと、から印象が違う
ようにかんじたのだろうが。

上がりはディープが落ちることなく33.5秒の脚。レコードを樹立。
まあレコードはおまけみたいなもんだ。今の京都の馬場は高速
すぎて、絶対的な強さを示すものではない。
(リンカーンも更新してるし)

逆に脚の不安の方が怖い。ただでさえ3角からの下り坂からのスパートは
負担かかるというのに。
ディープにとって全力ではなかったとしても、同じ馬なんだし。
それに筋肉が素晴しくて、腱が頑丈というわけではないだろう。
名馬の証ともいえる屈腱炎の心配が。

あと今回のレースと有馬記念を見て思ったのは、高速馬場向きなんだな。
上がりが速いレースほど好成績で、時計のかかる暮れの中山みたいなのは
向かない。
それは蹄鉄がなかなか擦り切れないという風に、飛んでるような走り方の
ためだろう。

それを考えるとヨーロッパのレースへの適性はちょっと不安ありそう。
スローペースへの不安。時計のかかる馬場。雨・不良馬場。
その辺良く考えてレース選ばないと。キングジョージならまだしも凱旋門
はイメージ違うなぁ。

2着リンカーンは3着以下は離してるし、勝ち馬がいなければの内容。
この馬強いのかわからん。相手なりに走るタイプ?GIに弱いタイプ。
ディープのいない宝塚記念でも人気になるだろうが、勝ちきれるのだろうか
惜しい競馬続ける馬が勝つ宝塚記念だからお似合いかもしれないが

3着はストラタジェム。漁夫の利の結果ではなく、成長を感じる3着。
この馬も相手なりだけに、重賞初勝利に手こずりそうだ。
目黒記念とかでてもまた2.3着なんだろうな。
にほんブログ村 ポータルブログへ ブログランキング 週間ブログランキングくつろぐ
記事が参考になれば、クリックお願いします。
posted by 案山子 at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17274763

【日本ダービー】当日の準備=≪回顧≫
Excerpt: ≪青葉賞≫ 【サンデーサイレンス系】で独占。 狙いの【マイネルアラバンサ】は2着で優先出走権を獲得。 ここを譲って、本番では「父父サンデーサイレンス産駒」となり、要注意馬に
Weblog: JRA未来予想図BLOG
Tracked: 2006-05-01 23:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。